美術館・詩
 
 
絵本原画1 あいうえおえほん 名作絵本 オリジナルグッズ
 
 
      
       11月7日(月)から11月17日(木)まで臨時休館となります。
         
     空調設備に不具合が生じたたため、急遽、修理の必要があり、設備工事を行います。
 
     ご不便をおかけいたしますが、何卒、よろしくお願いいたします。
      
 
 
 
 

     

トップ  > 美術館のこと  > どんな、ところ?

どんな、ところ?

熱海駅から車で20分、網代湾を望む山の中腹に戸田幸四郎絵本美術館はあります。

日本の知育絵本の草分け・戸田幸四郎が建築デザインから内装、展示、館内やカフェの調度品、ガーデン、カフェメニューにいたるまで、全てをデザインした空間です。

絵本にも貫かれている共通のコンセプトは『シンプルで美しい』。

そして当美術館は   『生きとし生けるものの共生(自然との共生)』をメッセージとして掲げ、設立いたしました。

もともとは、ある著名な料理研究家の別荘がありました。
庭には食材となる樹木も多数ありました。
それらを1本も切ること無く全てを生かして設計いたしました。



館内では4つの部屋を設け、作品を展示。

氏の絵本作りの原点であり、今もひらがな絵本のバイブルとして多くの支持を集めている『あいうえおえほん』や、その他のロングセラー知育絵本、

誰もが学校の教科書でも見た記憶のある太宰治の『走れメロス』、宮沢賢治の『竜のはなし』などの名作絵本の原画などが、常時、展示されています。
また、DVDコーナーでは、それらの絵本をベテランの声優さんが朗読し、映像化した作品も見られます。(大人も引き込まれます!)

他にも戸田幸四郎の年代ごとの作品やプライベートのスケッチなど、生涯の制作物もご覧いただけます。

 


天気の良い日には、庭の芝生に出て貸出絵本を読むことも。
バッタやテントウムシなどの昆虫と遊ぶ子供たちも、とても楽しそうです。

伊豆の海を望む絶景のカフェでは、名物のカリーライス、ハヤシライスをお出ししております。
季節には庭で採れたみかんを、その場で搾ってお出ししております。

にぎやかなミュージアムショップでは、戸田幸四郎の全作品をはじめ、ここでしか買えないグッズも多数、販売。眺めているだけでも楽しくなります。


余談ですが、戸田幸四郎は絵本作家ですが、「絵本を見るより自然の中で実物に触れてあそぼう!」と、いつも語っておりました……。

そんな、自然に囲まれた気持ちの良い美術館、ぜひ、お立ち寄りください。


Q. 熱海温泉に来て、こどもを連れて、どこ行こう?
A. 子連れでのおでかけに、ぜひどうぞ。

Q. 熱海に彼女と日帰りデートで、どこ行こう?
A. 隠れ家アート・スポット、絵本美術館にお越し下さい。

Q. おじいちゃん、おばあちゃん、親子3世代で、どこ行こう?
A. 絵本美術館は、皆さんが楽しむことができます。
           

みなさまのご来館、心よりお待ち申し上げております。

 

 

at 2012/02/07 17:00:00