‥‥生きとし生ける物の
         共生を謳う‥‥

美術館・詩
絵本原画1 あいうえおえほん 名作絵本 オリジナルグッズ
 

開館時間は、朝10時から最終の入館は16時、閉館は16時30分です。
通常休館日は、毎週火曜・水曜(祝祭日のときは開館いたします)



 
 
トップ  > 絵本のこと  > 『あいうえおつみき』販売情報    大切なのは“愛”!?

『あいうえおつみき』販売情報    大切なのは“愛”!?

ちまたで、話題騒然!『あいうえおつみき』ですが、
(“ちまた”って、どこ!?)
ウチでも売りたい!というお店が続々と広がっています。
と言っても、どこかの問屋さんから一斉に配る、という方法は
とっていないので、一気に広がることもないのですが、
それぞれのお店と、この商品に合ったディスプレイは見るだけでも
楽しいものです。
いくつか、ご紹介します。
代官山蔦屋書店大阪伊勢丹
左は、いよいよスタートの代官山・蔦屋書店です。
2Fの目立つところにあります。規模、品揃え、営業スタイル、
どれもが新しい時代の大型書店です。私も夜中に行くことがあるの
ですが、12時を過ぎる時間だというのに、その人の多さにはいつも
驚かされます。ぐるぐる店内を徘徊すると自然と数冊、欲しい本が
見つかってしまうという、楽しいお店です。
右は、これまた満を持してスタートした、大阪伊勢丹。
実はこの裏も戸田デザイン研究室の本が展開されていて、デパートで
この展開は、まさに、ど迫力!展開を始めた早々からお買い求めの
お客様が後を絶たなかったそうです。

最後に、変わったところを2つ。
スタンダードブックストア茶屋町浜書房バーズ店
“本屋ですがベストセラーは置いていません”がチャッチフレーズの
ユニークな本屋さんです。ググッとピラミッド型にせり上がった、
本と積み木が一体となった楽しいディスプレイです。
上右は横浜港南台にある浜書房バーズ店。
楽しさもスタイリッシュな雰囲気も兼ね備えた、絶妙なディスプレイ
です。浜書房は、横浜の住宅地が控える郊外の駅前にある本屋さん。
ただし、この本屋さん、戸田デザイン研究室の本に対する愛情が
普通じゃない!『あいうえおつみき』もそれはもう、お店の人
全員で喜んでいただいて、その結果、こんな素敵なディスプレイに。
とても勉強になります。
愛です。大切なのはモノに対する愛、モノに込められる愛です。
愛情があれば、流通だの、仕入だの、売り上げだの、色々な問題も
クリアできます。
逆に、愛がなければ何も始まらない。
うーん、深い!
やっぱり、仕事も人生も、大切なのは“愛”なんですね。

(玉)
at 2014/05/15 13:39:41