‥‥生きとし生ける物の
         共生を謳う‥‥

美術館・詩
絵本原画1 あいうえおえほん 名作絵本 オリジナルグッズ
 

開館時間は、朝10時から最終の入館は16時、閉館は16時30分です。
通常休館日は、毎週火曜・水曜(祝祭日のときは開館いたします)



 
 
トップ  > そのほか  > 加藤精三さん、逝く。

加藤精三さん、逝く。


声優の加藤精三さんが17日午前11時40分、逝去されました。
86歳でした。
加藤精三さんといえば、アニメ『巨人の星』の頑固親父・星一徹役は
あまりにも有名ですが、他にも映画の吹き替え、ナレーション、朗読
など、まさに日本の声優界の第一人者として幅広くご活躍されておりました。

戸田幸四郎絵本美術館では、DVDコーナーで上映している
名作絵本映像化作品で『竜のはなし』『世界一の石の塔』『百羽のツル』を
朗読していただきました。
どれも素晴らしいのですが、特に印象深いのは『世界一の石の塔』の一節
「おまえさーーーーん、何とかして降りてくることは、できないかーーーーい!?」
この読み方は、物語を劇的に面白くしたナレーションで
加藤さんのアドリブから出た職人芸。私の耳から離れません。

戸田幸四郎名作絵本集のDVD制作の収録現場でのこと。
監督や周りのスタッフは皆OKなのに、ご自分が納得いかないからと、
何度も何度も録り直しをしていた、職人魂が忘れられません。
年長者の加藤さんが、現場の若い私たちに
「プロフェッショナルな仕事とは、こういうものだ」と
身をもって教えていただいているようでした。

そして、戸田幸四郎絵本美術館のことをいつも気にかけてくださいました。
ほんとうに悲しいです。でも、加藤さんの朗読は、これからもずっと、
美術館の中に生き続けます。

加藤精三さん、ありがとうございました。
心からご冥福をお祈り申し上げます。

戸田靖

at 2014/01/18 15:10:14