‥‥生きとし生ける物の
         共生を謳う‥‥

美術館・詩
絵本原画1 あいうえおえほん 名作絵本 オリジナルグッズ
 
 

新型コロナウィルス感染拡大防止のため現在、臨時休館中ですが、 
3月5日(金)から開館いたします。
当面の間は火・水・木が休館となります。(祝日の場合は開館)
開館時間は通常通り10時から16時半、最終入館は16時です。
マスク着用の上、お越しいただきますよう、お願い申し上げます。
 
 
トップ  > そのほか  > 来年の年賀状の文は……。

来年の年賀状の文は……。

毎年、お取引先さまへ東京の本社から年賀状を出すのですが
その文章を今年は考え込んでしまいます。
友人の会社などでも結構、悩んでいるようです。

いつもは
「あけましておめでとうございます
           今年もよろしくおねがいします」
と、なる訳ですが、
今年は、おめでとうではないな、と、考え始まります。

悩んだあげく、
「復興、そして原発。
 今年こそ、知恵を出し合い、実行し、
 より良い日本を取り戻しましょう。」
これは、ちょっと力み過ぎだし、暗い。もっと前向きに、明るい方が良い!

そこで、
「今年は良い年でしたね、と日本中で皆が言えるような
               素晴らしい年にしていきましょう!」
うーん、いまいち。

結局、
「今年こそ、日本中が素晴らしい年になりますように。
 素晴らしい年にしていきましょう!」
これに落ち着きました。
表現はどうあれ、本当に良い年にしたいし、東北には立ち直って欲しいし、
何があっても安心していることができるエネルギーに変換していくことは
不可欠でしょう。
戸田幸四郎の絵本『雪ぐにの巨大な青むし』など、読み返しながら
色々また、考えています。
at 2011/12/09 15:00:00