‥‥生きとし生ける物の
         共生を謳う‥‥

美術館・詩
絵本原画1 あいうえおえほん 名作絵本 オリジナルグッズ
 
 

  コロナ対策をとりながら、開館しております。
どうぞ、マスク着用でお越しください。 
 
  開館時間は、朝10時から16時30分まで、最終入館は16時です。

通常休館日は、毎週火曜・水曜(祝祭日のときは開館いたします)

 
 
 
トップ  > 美術館のこと  > DVDコーナーの声優さん。その1。

DVDコーナーの声優さん。その1。

戸田幸四郎絵本美術館にはDVDコーナーがあり、
名作絵本や創作絵本を映像化したものを常時放映しています。
このDVDを制作するときは、それぞれの絵本に合った声優さんを
考えに考えて、候補者をたくさん挙げ、そこから絞りに絞って、
最終的に5人の方に朗読をお願いしたのですが、
今見ても、日本の声優を代表するようなベテラン&大御所の方々が勢揃い
になりました。
今日はまず、名作絵本の3人の方をご紹介します。
最初は、『竜のはなし』『世界一の石の塔』『百羽のツル』をお願いした、
加藤精三さん。
『巨人の星』の星飛雄馬のスパルタ親父・星一徹役は、
あまりにも有名です。真に味のある、深みのある朗読をしていただきました。
『世界一の石の塔』などは、自分で読むより、はるかにおもしろい!!
私は声優さんとの仕事は初めてでしたが、プロの職人ワザをしっかりと
見せていただきました。
そして『走れメロス』を朗読していただいた、銀河万丈さん。
この方の声はとても個性的ですが、スマートで切れ味も抜群。
太宰治の無駄のないシャープな文体にピッタリで、
30分近くとかなり長い作品ですが、お客様が動けなくなること、しばしば
です。テレビ東京の『なんでも鑑定団』など、からジャーナリスティックな
ものまで、銀河万丈さんの声を聞かない日はないくらい御活躍中です。
そして本日の最後は『うしおんな』を読んでいただいた、麻生美代子さん。
麻生さんは、『サザエさん』のおばあちゃん・舟さん役で
皆さんが耳馴染みの大ベテラン。
小川未明の、悲しくも優しい母の愛を表現したこの物語にふさわしい、
あたたかくて品のある朗読を披露していただきました。
戸田幸四郎の絵とともに、ぜひとも楽しんでいただきたいDVDです。
熱海で子どもを連れて、ゆっくりと楽しめる戸田幸四郎絵本美術館。
DVDは、必聴の価値あり!です。
at 2011/12/19 17:00:00